IOSネタ 「show running-config」のオプション機能 その2

LINEで送る
Pocket

cisco ios

この前、IOSネタ 「show running-config」のオプション機能で、「all」オプションをご紹介しましたが、今回も「show running-config」のオプション機能で、これ便利じゃね?というオプションをご紹介。

今回ご紹介するオプションは、「linenum」オプション。
CCOを見ると、どうやら「12.2(4)T」から追加されたオプションみたいです。

linenum」オプションを付けると、「show running-config」の表示結果に行番号を表示してくれます。

よく、電話越しに「Configのこの部分の設定が~」と指示することがありますが、行番号があれば「Configの~行目の設定だけど」と指示できますので、ネットワーク管理者の方には便利なオプションかもしれませんね。

それでは早速実機で確認してみます。

今回は、「IOS 12.2(13)T」で試してみます。

Router#sh ver
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS ™ 7200 Software (C7200-P-M), Version 12.2(13)T, RELEASE SOFTWARE (fc1)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.

まずは普通に、「show running-config」を実行してみます。

Router#sh run
Building configuration…

Current configuration : 516 bytes
!
version 12.2
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname “Router”
!
!
ip subnet-zero
ip cef
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
interface FastEthernet0/0
no ip address
shutdown
duplex auto
speed auto
!
interface FastEthernet0/1
no ip address
shutdown
duplex auto
speed auto
!
ip classless
no ip http server
!
!
!
!
!
call rsvp-sync
!
!
mgcp profile default
!
dial-peer cor custom
!
!
!
!
line con 0
line aux 0
line vty 0 4
!
!
end

続いて、「linenum」オプションを付けて実行してみます。

Router#sh run linenum
Building configuration…

Current configuration : 516 bytes
1 : !
2 : version 12.2
3 : service timestamps debug datetime msec
4 : service timestamps log datetime msec
5 : no service password-encryption
6 : !
7 : hostname “Router”
8 : !
9 : !
10 : ip subnet-zero
11 : ip cef
12 : !
13 : !
14 : !
15 : !
16 : !
17 : !
18 : !
19 : !
20 : !
21 : !
22 : !
23 : !
24 : !
25 : !
26 : !
27 : !
28 : !
29 : !
30 : interface FastEthernet0/0
31 : no ip address
32 : shutdown
33 : duplex auto
34 : speed auto
35 : !
36 : interface FastEthernet0/1
37 : no ip address
38 : shutdown
39 : duplex auto
40 : speed auto
41 : !
42 : ip classless
43 : no ip http server
44 : !
45 : !
46 : !
47 : !
48 : !
49 : call rsvp-sync
50 : !
51 : !
52 : mgcp profile default
53 : !
54 : dial-peer cor custom
55 : !
56 : !
57 : !
58 : !
59 : line con 0
60 : line aux 0
61 : line vty 0 4
62 : !
63 : !
64 : end

Router#

こんな感じで行番号が表示されます。

普段よく使っている「show running-config」コマンドですが、知らない間に進化してるなぁとか思った次第。

 

 

関連記事:

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。