Google Cloud Visionを使ってみた

Google Cloud Visionを使ってみた

以前から使ってみようみようと思っていた、Google Cloud Visionをようやく使ってみました。

Google Cloud Visionとは、

Google Cloud Vision API は、強力な機械学習モデルの能力を活用することで、画像の内容を認識し理解できるアプリケーションの開発を可能にします。Cloud Vision API は、画像を数千のカテゴリ(たとえば、「ヨット」「ライオン」「エッフェル塔」など)にすばやく分類する機能や、画像に映る個々の物体や人物の顔を解析する機能、画像に含まれる活字体の文字を認識して読み取る OCR 機能などを提供します。 この Cloud Vision API により、アプリケーションで扱う多数の画像のタグ付け、不適切な画像の検出、画像の意味の分析に基づく新しいマーケティング手法への応用が可能です。画像はリクエストの中に含めてアップロードすることで分析し、また Google Cloud Storage 上の画像ストレージとの連携も可能です。

via:Vision API – 機械学習による画像認識, OCR  |  Google Cloud Platform

Google Cloud Visionを使うと以下のようなことができるようです。

  • 物体検知
    画像に含まれる物体を検知し、乗り物から動物まで多数のカテゴリの中から分類できます。
  • 有害コンテンツ検知
    画像に含まれるアダルト コンテンツや暴力コンテンツのような有害コンテンツを検知します。
  • ロゴ検知
    画像に含まれるポピュラーな商品や企業のロゴを検知します。
  • ランドマーク検知
    画像に含まれるポピュラーな自然構造物や人工構造物を検知します。
  • OCR
    画像に含まれるテキストを認識して抽出します。幅広い言語に対応し、言語の自動判定も可能です。OCR ソフトを利用していたものが、クラウドで実現できます。
  • 顔検知
    画像に映る複数の人物の顔を検知し、感情の状態や帽子類の着用といった顔の主な属性も識別します。ただし、個人の認識には対応していません。

事前準備

続きを読む

サイバーセキュリティについてまとめてみる

サイバーセキュリティとは

サイバーとは、「インターネットやコンピュータ、ネットワークなどを利用した」という意味で、サイバー攻撃とは、これらコンピュータやインターネットなどを利用して、標的のコンピュータやネットワークに不正に侵入してデータの詐取や破壊、改ざんなどを行なったり、標的のシステムを機能不全に陥らせることを言います。サイバーセキュリティとは、このようなサイバー攻撃からの防御行為や安全確保を行うことを言います。

2016年に開催されたリオ五輪では、DoS攻撃が平均トラフィックが200Gbps以上、ピークでは540Gbpsに達したという報告もあります。世界規模のイベントはサイバー犯罪者たちにとっては恰好の標的となりやすく、イベントサイトを改ざんすることで、閲覧したユーザにマルウェアを仕込んだり、チケットの抽選結果の偽通知のスパムメールを送りつけるなど様々な手法を使います。

「サイバーセキュリティとは」の続きを読む。

Ansible 2.2がリリース

11/1にAnsible2.2がリリースされたようです。

Ansible 2.2 Delivers New Automation Capabilities for Containers, Networks and Cloud Services

詳細はCHANGELOGを見てもらうとして、気になったポイントをメモっておきます。

変更点

  • listenモジュールの追加
  • パフォーマンスの向上
  • バイナリモジュールのサポート
  • rawにchanged_when: falseをサポート
  • include_role モジュールの追加で、task中にループや条件の付与が可能
  • python 3 がテックプレビュー

Ansible 2.2でようやくPython 3に対応したようですが、まだテックプレビューのようで、Ansible 2.3でも対応完了とはいかないようで、まだまだ時間がかかりそうです。

モジュール

今回、多くのネットワークモジュールがサポートされています。気になったモジュールは以下の通り

  • Cisco ASA
  • AWS
  • CloudStack
  • Docker(docker_network)
  • Dell OS
  • F5
  • IOS(ios_facts)
  • NetApp
  • NXOS
  • vyos
  • Windows(shell/command/robocopy)

RaspberryPi 2にZabbixをインストールをしてみた

RaspberryPi 2にZabbixをインストールをしてみたので備忘メモ。

各種パッケージのインストール

% sudo apt-get -y install zabbix-server-mysql zabbix-agent zabbix-frontend-php php-mysql php-gd php-xml-util php-mbstring php-bcmath php-net-socket php-gettext 

続きを読む

Raspberry Pi2にOpenVPNをインストールしてみた(クライアント側のOpenVPN設定と接続確認編)

Raspberry Pi2にOpenVPNをインストールしてみた(OpenVPNインストール編)に続いて、クライアント側の設定を行います。

クライアントはMAC OSXで、OpenVPN接続ツールは「Tunnelblick」を使ってみます。

クライアント用OVPNファイル作成

続きを読む