ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > 無線技術 > WiMAX - WiMAX が広範囲をカバーできる理由

WiMAX - WiMAX が広範囲をカバーできる理由

Bookmark this on Hatena Bookmark   

WiMAX で使われる無線技術

WiMAXは既存の無線機器で使用されている技術をベースにしているため、
ほかの無線技術との類似点が多いのも特徴の一つです。

ではなぜ WiMAX はほかの無線技術よりも広範囲をカバーできるのでしょうか?

 

広範囲をカバーできる技術

WiMAX の特徴の一つとして1つの基地局がカバーできるエリアが
広い
という点があります。

これまでの IEEE802.11 規格の無線 LAN では半径数十~ 100m 程度でしたが、
WiMAX は半径 10km という広いエリアをカバーできます。

このことで今までの無線 LAN に比べても少ない基地局を設置するだけで、
広範囲の無線アクセスサービスを提供できるわけです。

WiMAX が広範囲の通信エリアをカバーできるのは以下の2つの技術を取り入
れているからです。

 

電波出力

基地局の電波出力を大きくしたことにより、広範囲なエリアに
電波を届けることができるようにしています。

電波出力を大きくすることで、基地局をビルの屋上に設置することも
可能になり、より広範囲まで電波を伝えることができます。

データ変調方式

WiMAX のデータ変調方式のベースは従来の無線 LAN と同じ、
OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)といわれる
変調方式を使用しています。

無線 LAN と同じ変調方式を使用しているにも関わらず、
通信距離が違うのは OFDM のオプションとして規定されている、
MIMO(Multiple Input Multiple Output)と呼ばれる
オプションを使用することで、雑音による影響を抑えて通信距離を
伸ばすことを可能にしています。

 

Mobile WiMAX の場合

Mobile WiMAX の場合は、変調方式に OFDMA(Orthogonal Frequency
Division Multiple Access)
と呼ばれる方式を使用しています。

モバイル通信の場合は移動中でもアクセス可能にしなければいけません。
この移動によって基地局を切り替える機能を
ハンドオーバー機能
といい、ハンドオーバー機能により、
基地局を切り替えても接続が切れることなくデータ通信を行うことが
できるわけです。

このハンドオーバー機能を使うために OFDMA の変調方式を
採用しています。

 

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

WiMAX - WiMAXの基礎
WiMAXの基礎

WiMAX - さまざまな規格
WiMAXで使われるさまざまな規格

WiMAX - MobileWiMAX
MobileWiMAXの基礎

WiMAX - WiMAX が広範囲をカバーできる理由
WiMAX が広範囲をカバーできる理由

WiMAX - WiMAX は非常に柔軟
WiMAX は非常に柔軟

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: