ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > 無線技術 > WiMAX - Mobile WiMAX

WiMAX - Mobile WiMAX

Bookmark this on Hatena Bookmark   

Mobile WiMAX

Mobile WiMAXはユーザーが移動しながらも使用できるように
規格化した仕様で、「IEEE802.16e」を基に仕様が決められています。

モバイル環境での使用を前提としていますから、
IEEE802.16e」ではユーザーが移動したときに別の基地局に
自動的に切り替わる
ハンドオーバー」に関する使用が追加されています。

しかしながら、モバイル環境での高速データ通信方式には
「HSPDA」や「CDMA2000」といった規格がすでに存在しています。

○HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)
W-CDMAを拡張した規格で、下り14Mbpsの通信が可能な規格
通信エリアは半径約数km。

○CDMA2000
クアルコムを中心に開発された通信方式。
北米で標準規格として使用されて、日本でも au が
CDMA2000 x1(最大144Kbps)のサービスを行っている。

そんな中、Mobile WiMAX による無線アクセスサービスなんて
今更需要があるの?という疑問が浮かんできます。

特にHSDPAは通信距離や通信速度が、Mobile WiMAXと比べても
遜色がありません。

今後、これらの技術が連携していくのか競合していくのかは
分かりません。

市場の見方でも、2つに分かれているようですが、個人的には
今後はそれぞれの技術の強みを生かしながら、弱みをそれぞれで
補い合うという形で市場が拡大していくのではないかと思っています。

 

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

WiMAX - WiMAXの基礎
WiMAXの基礎

WiMAX - さまざまな規格
WiMAXで使われるさまざまな規格

WiMAX - MobileWiMAX
MobileWiMAXの基礎

WiMAX - WiMAX が広範囲をカバーできる理由
WiMAX が広範囲をカバーできる理由

WiMAX - WiMAX は非常に柔軟
WiMAX は非常に柔軟

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: