ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > TCP/IP技術 > トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:PathPing

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:PathPing

Bookmark this on Hatena Bookmark   

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:PathPing

「PathPing」コマンドはPingコマンドとTracertコマンドの両方の
機能を備えたコマンドです。

pathpingコマンドを実行すると、まず「Tracert」の機能を使用して、
宛先ホストまでの経路を調査します。

その後に経路上の各ルータに対してデフォルトで
250ミリ秒間隔で100回のPingを実行します。

その時のパケットの応答時間(RTT)の平均値とパケットの
破棄率を算出して表示してくれます。

この情報を調査することでどの部分がボトルネックとなっているかを
調べることが出来るわけです。

コマンドは以下の通り。

 pathping [リモートホスト名(IPアドレス)]

 

pathping

経由するルータに対して100回のPingを実行していきますので、
結果が表示されるまで時間がかかります。

PathPingのオプション

PathPing」コマンドのオプションは以下の通りです。

  • -n
    リモートホストをIPアドレスで指定した場合、
    このオプションを付けるとホスト名の名前解決をしません。
  • -h [ホップ数]
    宛先のリモートホストに到達するために経由するルータの数を
    指定する場合に使用します。デフォルトのHOP数は 30 です。
  • -p [ミリ秒]
    次のPingを実行するまで待つ間隔をミリ秒で指定します。
    デフォルトは250ミリ秒です。
  • -q [回数]
    経路ごとに実行するPingの数を指定します。
    デフォルトでは100回。
  • -w タイムアウト
    応答までのタイムアウト時間を指定する場合に使用します。
    デフォルトは3秒(3000ミリ秒)です。
  • -4および-6
    PathPingコマンドはIPv6にも対応していますので、
    IPv4とIPv6のどちらを使用するのかを指定します。
    デフォルトはIPv4です。

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:Ping
pingコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ipconfig、netstat
ipconfig、netstatコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:tracert
tracertコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:PathPing
PathPingコマンドの活用方法

トラブルシューティングで使えるTCP/IPコマンド:ARP
ARPコマンドの活用方法

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: