ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > QoS > QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)

QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)

Bookmark this on Hatena Bookmark   

Custom queueing (CQ)

Priority queueing は、high キューに割り当てられたパケットが
無くならない限り、medium 以下のキューにあるパケットを
処理してくれないという動作のため、場合によっては使えない
ということもあると思います。

そこで、登場した優先制御が、Custom queueing (カスタム・キューイング)です。

カスタム・キューイングは、0 ~ 16 までの 17 個のキューを使用してキューイングを
行います。
ただし 0 番のキューはシステム用のキューのため、実際にユーザが
設定を行うことは出来ません。
0 番キューは絶対優先のキューでシステムで使用するパケットが
格納されます。

実際にユーザーが設定可能なキューは 1 ~ 16 までで、
Priority queueingと同様に、ACL などを使用してパケットを
分類します。

 

Custom queueing の動作

カスタム・キューイング各キューを順番にサイクルし、
各キューに設定された Byte 数分のパケットを送出した後に、
次のキューのパケットを送出
していきます。

例えば、カスタム・キューイングの設定を以下のように 3 つの
キューに設定をしたとします。

  • キュー 1:2000Byte
  • キュー 2:3000Byte
  • キュー 3:4000Byte

このときのカスタム・キューイングの動作は、まずキュー 1 の
Byte 数は2000Byte ですので、一回の送信周期で 2000Byte までの
パケットを送信し、その後キュー 2 に移ります。キュー 2 の
Byte 数は 3000Byte ですので、一回の送信周期で 3000Byte まで
のパケットを送信し、キュー 3 に移ります。

キュー 3 の Byte 数は 4000Byte ですので、一回の送信周期で
4000Byte までのパケットを送信し、ここで 1 サイクルが終了し、
キュー 1 に戻ります。

カスタム・キューイングはこの一連の動作を繰り返していきます。

 

設定してみよう

それでは実際に使用するコマンドを確認しよう。

カスタムキューイングの設定は、以下の手順で行います。

1.ACL 等でパケットを分類
2.キューリストごとに、Byte 数やパケット数の設定
3.インタフェースに割り当てる

ACL 等でパケットを分類

queue-list コマンドを使用して、パケットの分類を行います。
queue-list コマンドは、以下の 3 つの定義を行うことが
出来ます。

  • ACL を使用した分類
  • 入力インタフェースに基づいた分類
  • デフォルトキューの定義

ACL を使用した分類

cisco(config)# queue-list [キューリスト番号] protocol ip [キュー番号] list [ACL番号]

入力インタフェースに基づいた分類

cisco(config)# queue-list [キューリスト番号] [インターフェース名] [キュー番号]

デフォルトキューの定義

デフォルトキューは、どの queue-list にも分類されないパケットが
格納されます。
もし、デフォルトキューを設定していない場合は、キュー 1 を
デフォルトキューとして定義します。

cisco(config)# queue-list [キューリスト番号] default [キュー番号]

 

キューリストごとに、Byte 数やパケット数の設定

キューを設定した後は、各キューリストごとに、最小帯域幅(Byte 数)
やキューに貯められるパケット数の設定を行います。

最大帯域幅の設定

カスタムキューイングの最大帯域幅の考え方は、各キューが
転送できる最大バイト数と理解してください。

コマンドは以下の通りです。

cisco(config)# queue-list [キューリスト番号] queue [キュー番号] byte-count [バイト数]

キューに貯められるパケット数の設定

キューに貯めることが出来るパケット数を設定する場合は、
以下のコマンドを使用します。

cisco(config)# queue-list [キューリスト番号] queue [キュー番号] limit [パケット数]

ちなみに上記コマンドを使用しない場合の最大パケット数は 20 と
なります。

 

インタフェースへの割り当て

設定した queue-list をインタフェースに割り当てるには、
以下のコマンドを使用します。

(config-if)# custom-queue-list [キューリスト番号]

カスタムキューイングは出力インタフェースの output キューに
対して優先制御が働きますので、出力インタフェースに設定をします。

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

QoSとは
QoSの基本

QoS - クラス分類とマーキング
クラス分類とマーキングについて学んでいきましょう

QoS - それぞれの機能
QoSの3つの基本機能について

QoS - 輻輳制御 (Queueing)
輻輳制御 (Queueing)についての解説

QoS - プライオリティ・キューイング(PQ)
プライオリティ・キューイングについての解説

QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)
カスタム・キューイングについての解説

QoS - カスタムキューイング(Custom queueing)その2
カスタム・キューイングについての解説

QoS - WFQ(Weighted Fair Queue)その1
WFQ(Weighted Fair Queue)についての解説

QoS - WFQ(Weighted Fair Queue)その2
WFQ(Weighted Fair Queue)についての解説

QoS - IP Precedence
IP Precedenceについての解説

QoS - DSCP
DSCPについての解説

QoS - CBWFQ
CBWFQについての解説

QoS - LLQ (Low Latencey Queuing)
LLQについての解説

QoS - WRED(Weighted Random Early Detection)
WREDについての解説

QoS - ポリシングとシェーピング
ポリシングとシェーピングについての解説

QoS - GTS(Generic Traffic Shaping)
GTSについての解説

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: