スタティックルーティングの欠点


スタティックルーティングの欠点 その1

前回スタティックルーティングの利点について解説しましたが、今回は欠点
について書いていきたいと思います。

前回の解説で使用したネットワークはこちらでした。

 

 

例えばこのネットワークに、新しくルータを設置して、ネットワーク増
やしてみましょう。
追加したネットワークにPC-Dを設置します。

 

 

さてさてここで、PC-Dへ全PCから通信をさせたいとします。
しかしこのままでは通信することが出来ませんね。

なぜかって?

      @       @       @

各ルータのルーティングを見てみれば一目瞭然。
PC-Dのネットワーク10.1.2.0/24へのルーティングがないからですね。

そのため各PCからPC-D(10.1.2.2)宛のパケットを飛ばしても、ルータで行き
先が見つからないためそのパケットが破棄されてしまいます。

PC-Dへその他の全PCから通信させたい場合、全てのルータのルーティング
テーブルに追加しないといけません。

 

 

 

今回の構成では数台の設定で済みますが、これがもっと大きなネットワークで、
ルータが数十台とか数百台なんてあった日には大変ですね。

これがスタティックルーティングの欠点の1つ目です。

 

 

スタティックルーティングの欠点 その2

つづいて以下のような構成で考えてみます。

 

 

このようにネットワークがループ構成の場合で、PC-AからPC-Bへ通信させた
い。
経路をRTA~RTB~RTDの経路を通るようにルーティングを設定してみよう。

 

 

上図の設定を各ルータに設定することで、目的の通信が可能になりますね。

では、ここでもしRTBに障害が発生したらどうなるでしょう?

 

 

ネットワークはループ構成ですよね。
RTA~RTC~RTDという経路もあるわけです。

しかし、各ルータはスタティックでルーティングを設定していますから、
迂回経路があったとしても、自動でRTA~RTC~RTDという経路に切り替わる
ことは出来ません。

迂回経路に切り替えるには各ルータのルーティングの設定を変更しなければ
いけません。

非常に面倒くさいですよね。自動で切り替わってくれたらどんなに幸せなこ
とでしょう。

これがスタティックルーティングの欠点の2つ目です。

次回はスタティックルーティングの欠点を補ってくれる技術、
「ダイナミックルーティング」について解説していきます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: