MRTGを使ったネットワーク監視(2)

システム監視者にはすでにお馴染みかと思いますが、MRTGを使ったネットワークの監視方法について書いてみたいと思います。

MRTGのカスタマイズ

さて前回まででとりあえずMRTGが動作してグラフも表示出来たかと思います。

今回はさらにMRTGを使いこなすべく、カスタマイズについて解説していきます。

まずは前回の設定ファイルを確認しましょう。

# Created by
# /usr/local/bin/cfgmaker public@192.168.1.1

### Global Config Options

# for UNIX
# WorkDir: /home/http/mrtg
WorkDir : /home/aki/public_html/mrtg

# or for NT
# WorkDir: c:\mrtgdata

### Global Defaults

# to get bits instead of bytes and graphs growing to the right
# Options[_]: growright, bits

###########################
# System: catalyst2950
# Description: Cisco Internetwork Operating System Software
# IOS (tm) C2950 Software (C2950-I6Q4L2-M), Version **********, RELEASE SOFTWARE (fc1)
# Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
# Compiled Tue 24-Jun-03 17:31 by yenanh
# Contact:
# Location:
###########################

### Interface 1 >> Descr: 'FastEthernet0/1' | Name: 'Fa0/1' | Ip: '' | Eth: '**-**-**-**-**-01' ###

Target[192.168.1.1_1]: 1:public@192.168.1.1:
SetEnv[192.168.1.1_1]: MRTG_INT_IP="" MRTG_INT_DESCR="FastEthernet0/1"
MaxBytes[192.168.1.1_1]: 12500000
Title[192.168.1.1_1]: Traffic Analysis for 1 -- catalyst2950
PageTop[192.168.1.1_1]: <H1>Traffic Analysis for 1 -- catalyst2950</H1>
<TABLE>
<TR><TD>System:</TD> <TD>catalyst2950 in </TD></TR>
<TR><TD>Maintainer:</TD> <TD></TD></TR>
<TR><TD>Description:</TD><TD>FastEthernet0/1 Router-Management </TD></TR>
<TR><TD>ifType:</TD> <TD>ethernetCsmacd (6)</TD></TR>
<TR><TD>ifName:</TD> <TD>Fa0/1</TD></TR>
<TR><TD>Max Speed:</TD> <TD>12.5 MBytes/s</TD></TR>
</TABLE>

### Interface 2 >> Descr: 'FastEthernet0/2' | Name: 'Fa0/2' | Ip: '' | Eth: '**-**-**-**-**-02' ###
### The following interface is commented out because:
### * it is operationally DOWN
#
# Target[192.168.1.1_2]: 2:public@192.168.1.1:
# SetEnv[192.168.1.1_2]: MRTG_INT_IP="" MRTG_INT_DESCR="FastEthernet0/2"
# MaxBytes[192.168.1.1_2]: 12500000
# Title[192.168.1.1_2]: Traffic Analysis for 2 -- catalyst2950
# PageTop[192.168.1.1_2]: <H1>Traffic Analysis for 2 -- catalyst2950</H1>
# <TABLE>
# <TR><TD>System:</TD> <TD>catalyst2950 in </TD></TR>
# <TR><TD>Maintainer:</TD> <TD></TD></TR>
# <TR><TD>Description:</TD><TD>FastEthernet0/2 Router-Management </TD></TR>
# <TR><TD>ifType:</TD> <TD>ethernetCsmacd (6)</TD></TR>
# <TR><TD>ifName:</TD> <TD>Fa0/2</TD></TR>
# <TR><TD>Max Speed:</TD> <TD>12.5 MBytes/s</TD></TR>
# </TABLE>

以下省略

 

まずは基本的なところから。

●WorkDir
これは前回説明したとおり、MRTGがHTMLや画像ファイルを出力するディレクトリ名を指定します。ここにはフルパスで指定する必要があります。

●Options
Optionsの項目は、その名の通り様々なオプションをこの行に記述することにより、MRTGの表示をカスタマイズできます。

Optionsで設定できるものをいくつかご紹介しましょう。

グラフの時間軸を左から右に変更する。

この設定は結構やる人が多いと思いますが、デフォルトの設定は時間軸が右から左になっています。
これだとどうにも見づらいため、時間軸を左から右に変更する設定です。

設定方法は、

Options[識別子]: growright

ちなみにこの識別子は以下のように使い分けます。

各設定値に対するデフォルト値を設定するする場合は[_]を指定します。

今回の例ではこんな感じ。
Options[_]: growright

growright設定前

growright設定後

縦軸の単位を変更する。

さらにもう1つお約束なのが、縦軸のトラフィックの単位です。
デフォルトでは「byte」単位ですが、これを「bit」単位にしたいなんて時は、

Options[_]: bits

とします。

先ほどのgrowrightと合わせて設定したい場合は

Options[_]: growright,bits

とすれば


この通り。

 

その他のオプションについて

その他にもOptionsにはいろいろ設定できます。
ここではオプション名と簡単な説明のみ掲載しておきますので、実際に色々設定して確認してみてください。

Option一覧
オプション 説明
growright グラフの横軸(時間)を左から右方向に変更する
bits 縦軸の値をbitsとして扱う
perminute 値を60倍にする(分単位の値にする)
perhour 値を3600倍する(時間単位の値にする)
noinfo 出力するページにデバイス名や時刻情報を出力しない
nopercent パーセント表示しない
transparent 生成されるグラフ画像の背景を透明にする
integer グラフと下に表示される値を整数化する
dorelpercent 百分率にしたグラフを線として追加する
avgpeak ピークのトラフィックの平均値を表示する
gauge 取得したデータの値を前回の値との差分を計算せずそのまま使用する。(ディスク容量やメモリ使用率のグラフに使用)
absolute 取得したデータの値を前回の値との差分を計算せずそのまま使用する。gaugeとは異なり、データを計測時間間隔で割ったものを使用したい場合に指定する
unknaszero データ取得できなかった値を0として扱う
withzeroes 通常0である値は無視されますが、このオプションを指定することでデータを無視しない
noborder 生成されるグラフ画像に影付きの枠線を付けない
noarrow 生成されるグラフ画像にデータの方向を示す小さな矢印を付けない
nobanner 生成されるグラフにMRTGのバナーを追加させない
nolegend 生成されるグラフに凡例を付加させない

その他にもMRTGには非常に豊富なオプションがあります、MRTGのサイトにマニュアルがありますので参考にしながら、色々いじくってみてください。

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: