ルータの動作


ルータの動作

さてさて、前回までARPについての解説を行ってきました。

今回は「パケットが宛先に届くまでの流れ」に話を戻しましょう。

PC-AからPC-B(192.168.2.2)へのパケットは192.168.0.1へ送信することは
分かりました。
そして192.168.0.1へパケットを送るためにARPをつかってMACアドレスを取
得しました。

ここまで条件が揃ったらようやくPC-Aはルータ(RTA)へパケットを送信でき
ます。
流れは以下のようになります。

  • PC-A(192.168.0.2)からPC-B(192.168.2.2)へ通信を行いたい。
  • PC-Aのルーティングテーブルを参照する
  • 192.168.2.0への経路が無いので、デフォルトゲートウェイへ送信する。
  • デフォルトゲートウェイ(192.168.0.1)のMACアドレスを自分のARPテーブルから探す。
  • ARPテーブルに無い場合は、ARPを使って取得する。
  • 該当のMACアドレス(RTA)宛にパケットを送信する。

それではパケットを受け取ったルータがどのように動作するのかを見ていこ
う。

ルータがパケットをルーティングさせる動作は以下のような流れで行います。

  • 受け取ったパケットから宛先のIPアドレスを取り出す。
  • 宛先IPアドレスのネットワークアドレスを算出する。
  • ルーティングテーブルを参照し、該当のネットワークアドレスの次の宛先IPアドレスを決める。
  • その宛先IPアドレスへパケットを送り出す。

もちろん宛先IPアドレスへパケットを送信するときは、MACアドレスも必要
になりますから、ルータは自分のARPテーブルを参照して、該当のMACアドレ
ス(RTB)宛にパケットを送信するのは言うまでもありませんね。

これが基本的なルーティングの動作です。

それではRTAのルーティングテーブルを見てみよう。

目的のネットワーク 192.168.2.0/24 に対するネクストホップは 192.168.10.1
となっています。
ここでもしルーティングテーブルに 192.168.2.0/24 のテーブルが無かった
場合はそのパケットは破棄されます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: