Ethernet OAM -IEEE802.3ah-

 

Ethernet OAM の規格

Ethernet OAM にはいくつかの規格が存在しています。

  • IEEE
  • ITU-T
  • MEF
  • ベンダー独自規格

ベンダー毎の実装状況はというと、Cisco や Juniper などの
主要ベンダーは IEEE をサポートしています。

というわけで、本サイトも IEEE を中心に書いていきたいと思います。

 

Ethernet OAM の機能

Ethernet OAM の機能は大きく分けて以下の 3 つに分けることが出来ます。

  • リンク OAM
  • コネクティビティ OAM
  • サービス OAM

 

リンク OAM(IEEE802.3ah)

2 つの隣接する Ethernet 機器を接続している回線の状態を
監視することを目的とした機能で、障害を検知して上位層へ通知したり、
冗長経路へ切り替えたりすることができます。

 

コネクティビティ OAM(IEEE802.1ag)

2 つの隣接していない Ethernet 機器間の状態を監視して、
障害時には上位層プロトコルへ通知したり、冗長経路へ
切り替えたりすることが出来る機能です。

 

 

サービス OAM(IEEE802.1ag)

エンドツーエンドの通信経路において、状態を監視し障害が
発生した場合は上位層へ通知するだけでなく、パフォーマンスや
遅延といったパラメータを管理する機能を持っています。

 

OAM

 

 

IEEE802.3ah

IEEE802.3ah は隣接する Ethernet 機器間の物理回線や通信状態を
管理することを目的とした機能で、以下のような機能があります。

  • Discovery
    隣接しているEthemet機器間でOAMフレームをやり取りし、
    お互いが Ethernet OAM をサポートしているかどうかを確認したり、
    OAM パラメータのやりとりを行う。
  • Link Monitoring
    リンクの品質状態を監視し、品質低下時に通知を行う。
    サービス中断が発生するまで、徐々に品質が低下していく障害も
    発生する可能性があるため、通知を行う閾値をユーザ側で
    設定することも機器によっては可能。
  • Remote Failure Indication
    一定間隔で OAM フレームをやり取りして、障害検知を通知する機能。
    この機能を利用することで、障害を高速に検知することが可能で、
    サービス中断時間を大幅に短縮することが可能。
  • Remote Loopback
    対向機器へ OAM フレームを送信して、受信した対向機器側でフレームを送り
    返すことで、リンクの品質や正常性を確認することが可能。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: