ポートフォワーディング

ポートフォワーディング

ポートフォワーディングの機能を一言でいうと、インターネットから
特定のポート番号宛にパケットが届いたときに、あらかじめ
設定しておいたLAN側の機器にパケットを転送する機能です。

通常のNAPT(IPマスカレード)の場合、LAN側からインターネット向けに
パケットが送信されると、送信元のIPアドレスとポート番号を付け替えて、
変換テーブルに記録することでアドレス変換をします。

napt

 

アドレス変換の弊害を取り除く

ポートフォワーディングの場合は、

「宛先ポートが 80 宛のパケットは、LAN側の192.168.1.1のPCへ転送する」

といった内容を手動で設定します。

こうすることで、インターネットからブロードバンドルータのIPアドレスへ
ポート80宛のパケットが飛んできたときに、192.168.1.1のPCへ
転送してくれるわけです。

このように変換テーブルに手動で設定をすることからも、
「静的IPマスカレード」と呼ばれるわけです。

ちなみにこの「ポートフォワーディング」は主に、自宅に公開用に
Webサーバなどを設置する場合に使用される機能で、
通常の自宅から使い方(Webの閲覧や、メールの送受信など)をする場合には
通常のNAPTで済むわけですから使用することはありません。

 

ポートフォワーディング

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: