MPLS - MPLSラベルスタックとPHP

ラベルの付け替え

MPLS 網内では LSR を経由する度にラベルを付け替えて
フォワーディングされていきます。

  • PUSH
    MPLS 網内の LER でラベルを付けて転送する動作
  • SWAP
    LSR でラベルを付け替えて転送する動作
  • POP
    LER でラベルを外して転送する動作

 

POP

 

ラベルのスタック

ラベルは 2 つ以上付ける(スタック)ことが可能です。
その時の LSR の動作は外側のラベルのみが参照され、ラベルスイッチングされます。

ラベルをスタックさせることで、内側のラベルをトンネリングすることができるため、
MPLS の代表的なサービスである VPN サービスなどで使用されています。

 

ラベルスタック

 

PHP(Penultimate Hop Popping)

MPLS 網内の LSR はラベルのみの参照して転送していくわけですが、
出口の LER は

「ラベルを参照してラベルを外してさらに IP アドレスを参照してフォワーディ
ング」

という動作をしなければならず、LER の負荷が上がってしまう原因にもなりかね
ません。
ラベルをスタックしている場合は、複数のラベルを参照しなければならず尚更
LER の負荷が上がってしまいます。

そこで MPLS には PHP(Penultimate Hop Popping)という機能が備わっています。

PHP 機能を使用すると、LER の 1 つ前の LSR でラベルを外して転送します。

そのため出口の LER ではラベル無しのパケットがやってくるため、IP アドレス
の参照のみを行えばよくなるわけです。

 

PHP

 

ラベルをスタックしている場合の動作も基本的には同じです。

 

ラベルスタック

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: