VRRPの設定例

CiscoルータでのVRRPの設定例

Ciscoルータを使って、実際にVRRPの設定例を見ていきましょう。
以下の構成に合わせて設定していきます。

VRRPの設定例

VRRPの有効化

VRRPを動作させるインタフェース上で、以下のコマンドで
VRRPグループと仮想IPアドレスを設定します。

Router(config-if)# vrrp <group> ip <ip-address>

<group>:VRRPグループ
<ip-address>:仮想IPアドレス

VRRPの優先度設定

続いて、VRRPの優先度を以下のコマンドで設定します。

Router(config-if)# vrrp <group> priority <level>>

<group>:VRRPグループ
<level>:優先度

数字が大きい方がマスターになります。
明示的に優先度設定を行わない場合のデフォルト値は100で、
2台のルータで同じ優先度だった場合は、設定しているIPアドレスが
大きい方がマスターになります。

VRRPのオブジェクトトラッキングの設定

下図のように、F1/0のインタフェースがダウンした場合、
VRRPの動作には変化がないため、そのままルータAに
パケットが転送されてしまう状態になってしまいます。

このような状態を回避したい時に、オブジェクトトラッキングを設定します、

オブジェクトトラッキング

オブジェクトトラッキングを設定すると、ルータのアップリンク側の
インタフェースがダウンした時に、VRRPの優先度を自動的に下げてくれます。

Router(config)# track <object-number> interface <type-number> [line-protocol]
Router(config-if)# vrrp <group> track <object-number> [decrement <priority-decrement>]

<object-number>:オブジェクトトラッキング番号
<type-number>:インタフェース名
<line-protocol>:インタフェースのline-protocolがダウンになった時に動作
<group>:VRRPグループ
<priority-decrement>:優先度を引き下げる値

ここまでの設定例は以下の通りです。

-----ルータA-----
track 1 interface FastEthernet1/0 line-protocol

interface FastEthernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
vrrp 1 ip 10.1.1.254
vrrp 1 priority 200
vrrp 1 track 1 decrement 150
----------------
-----ルータB-----
interface FastEthernet0/0
ip address 10.1.1.2 255.255.255.0
vrrp 1 ip 10.1.1.254
----------------

 

VRRPの状態確認

VRRPの状態確認は「show vrrp」コマンドで確認できます。

----------------------
Router-A#show vrrp
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Master
Virtual IP address is 10.1.1.254
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Advertisement interval is 1.000 sec
Preemption enabled
Priority is 200
Track object 1 state Up decrement 150
Master Router is 10.1.1.1 (local), priority is 200
Master Advertisement interval is 1.000 sec
Master Down interval is 3.218 sec
----------------------

ルータAは、優先度を200で設定しているため、
マスタールータとして動作していることが分かります。

----------------------
Router-B#sh vrrp
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Backup
Virtual IP address is 10.1.1.254
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Advertisement interval is 1.000 sec
Preemption enabled
Priority is 100
Master Router is 10.1.1.1, priority is 200
Master Advertisement interval is 1.000 sec
Master Down interval is 3.609 sec (expires in 3.033 sec)
----------------------

ルータBは優先度を100に設定しているので、
バックアップルータになっています。

VRRPの動作確認

ルータAのF0/0をダウンさせてみます。

----------------------
Router-A#show vrrp
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Init
Virtual IP address is 10.1.1.254
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Advertisement interval is 1.000 sec
Preemption enabled
Priority is 200
Master Router is unknown, priority is unknown
Master Advertisement interval is unknown
Master Down interval is unknown
----------------------

ルータAはInit状態に移行しました。

----------------------
Router-A(config-if)#shutdown
*Sep 11 14:41:42.879: %VRRP-6-STATECHANGE: Fa0/0 Grp 1 state Master -> Init
*Sep 11 14:41:44.883: %LINK-5-CHANGED: Interface FastEthernet0/0, changed state to administratively down
*Sep 11 14:41:44.891: %ENTITY_ALARM-6-INFO: ASSERT INFO Fa0/0 Physical Port Administrative State Down
*Sep 11 14:41:45.883: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface FastEthernet0/0, changed state to down
Router-A#
----------------------

インタフェースをダウンさせた時のログで、
マスターからInitに状態が変化したことが分かります。

----------------------
Router-B#sh vrrp
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Master
Virtual IP address is 10.1.1.254
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Advertisement interval is 1.000 sec
Preemption enabled
Priority is 100
Master Router is 10.1.1.2 (local), priority is 100
Master Advertisement interval is 1.000 sec
Master Down interval is 3.609 sec
----------------------

ルータBの状態を見ると、マスターに切り替わっているのが分かります。

----------------------
Router-B#
*Sep 11 14:41:46.519: %VRRP-6-STATECHANGE: Fa0/0 Grp 1 state Backup -> Master
Router-B#
----------------------

ルータBのログには、バックアップからマスターに
切り替わったログが出力されています。

続いて、正常状態からルータAのF1/0をダウンさせてトラッキング動作を見てみます。

----------------------
Router-A#sh vrrp
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Backup
Virtual IP address is 10.1.1.254
Virtual MAC address is 0000.5e00.0101
Advertisement interval is 1.000 sec
Preemption enabled
Priority is 50 (cfgd 200)
Track object 1 state Down decrement 150
Master Router is 10.1.1.2, priority is 100
Master Advertisement interval is 1.000 sec
Master Down interval is 3.218 sec (expires in 2.770 sec)
----------------------

ルータAの優先度が50になり、バックアップへと切り替わっています。
以上がVRRPの基本的な設定と動作でした。

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: