VLAN間の通信

VLAN間で通信を行うには?

 前回VLANの基本動作について見ていきました。
 スイッチにVLANを設定しただけでは、VLAN間の通信を行うことができません。

 

VLAN間通信

 

 当然、実際のネットワークでは、VLAN間で通信させたい場合が出てくるでしょう。

 異なるVLAN間で通信を行うためには、レイヤ3で動作する機器
 (ルータやレイヤ3スイッチなど)が必要になります。

 

レイヤ3で動作する機器

 

 ルータ(L3スイッチ)は各VLANを1つのネットワークとして扱うため、
 1つのポートにIPアドレスを割り当ててあげれば、ルータを介して
 VLAN間で通信を行うことが出来ます。

 VLANにはいくつかの方式がありますが、代表的なVLAN方式は以下の2つになります。

  • ポートVLAN
  • タグVLAN

 

ポートVLAN ~VLANの基本~

 ポートVLANはスイッチのポートにVLAN番号(VLAN-ID)を割り当てる方法で、
 最も基本的なVLANの使い方。

 ポート1~4までをVLAN1、ポート5~8までをVLAN2に設定した場合、
 そのポート配下のPCはすべて同じVLANに属することになります。

 当然そのポート配下にハブを接続した場合も、そのハブ配下のPCは
 すべて同じVLANに属します。

 

ハブ

 

タグVLAN ~スイッチ間で使用~

 タグVLANは、ポートVLANよりも少しややこしい。

 タグVLANは、フレームにVLANタグと呼ばれる情報を付与してフレームごとに
 どのVLANに属しているのかを識別出来るようにする方法
です。

 フレームに付与されるタグの既述は、「IEEE802.1Q」で標準化されています。
 以下の図のように、フレームヘッダに4バイトのVLANタグを付与します。

 

フレームヘッダ

 

 4バイトのうち、前半の2バイトがフレームのタイプを表すビットになり、
 「IEEE802.1Q」を表す、「8100」という値がセットされます。

 後半2バイトで、VLANタグの制御情報を識別する値がセットされます。
 VLAN1なら「1」が、VLAN2なら「2」がセットされます。

 このようにフレームごとにフレームを識別するタグを付与することで、
 同じ1本のケーブル上に複数のVLANを共有させることが可能になるわけ。

 通常タグVLANは以下のように、スイッチ間で使用するのが一般的です。

 スイッチのポートをタグVLANに設定すると、通常そのポートは
 スイッチ内に作成したすべてのVLANに属するという意味になります。
 (スイッチの中には、明示的に属させるVLANを指定出来るスイッチもあります。
  Ciscoなどの企業向けスイッチは一般的に可能です。)

以上が、ポートVLANとタグVLANの基本動作です。
次回はポートVLANとタグVLANを使った通信の流れを詳しく見ていきましょう。

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: