pythonでコマンドラインから引数を受け取る

pythonスクリプトを実行する際に、引数をスクリプトに渡すこともできます。

引数を取得するには、標準ライブラリに含まれるsysライブラリを使用します。引数はsysモジュールのargvという名前のリストに格納されます。

例えば取得した引数を表示するスクリプトを書いてみます。

%vim arg.py
import sys

for data in enumerate(sys.argv):
    print (data)

実行結果は以下の通りです。

% python arg.py test1 test2 test3
(0, 'arg.py')
(1, 'test1')
(2, 'test2')
(3, 'test3')

上記のように、1番目の要素にはスクリプトのファイル名が入り、指定した引数は2番目以降に入ります。

次に引数に数値を指定して、引数の合計を求めるスクリプトを書いてみます。

% vim arg.py
import sys

#変数sumを初期化
sum = 0

#range()を使って1から引数の数まで変数iを増加させていく
for i in range (1,len(sys.argv)):

    #引数の数値をintで数値に変換して変数sumに加算していく
    sum += int(sys.argv[i])

#変数sumを表示
print (sum)

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: