Pythonで「Hello World」

プログラムの第一歩は「Hello World」

プログラムの第一歩は「Hello World」。ということで、実際にPythonでプログラムを書いてみます。Pythonのソースファイルの拡張子は「.py」です。エディタで以下のコードを入力して、「hello.py」というファイル名で保存します。

print ("Hello World")

hello.pyを実行してみます。

% python hello.py
Hello World

ソースコードの中身は非常にシンプルで、print()関数に引数として「Hello World」を渡しているだけです。

次に以下の結果を返すプログラムを書いてみます。

東京オリンピックは
2020年開催です。

「olympic.py」というファイル名でソースコードを書くと以下のようになります。

print("東京オリンピックは")
print("2020年開催です。")

実行結果は以下の通り。

% python olympic.py
東京オリンピックは
2020年開催です。

上記のようにPythonでは、print()関数ごとに改行されて出力されます。これを改行させないようにするにはprint()関数の最後に「end=」という引数を追加します。

print("東京オリンピックは",end="")
print("2020年開催です。")
% python olympic.py
東京オリンピックは2020年開催です。

逆に1つのprint()関数の中で、複数行の引数を記述するには、文字列を「"""(ダブルクォーテーションを3つ)」か「’’’(シングルクォーテーションを3つ)」囲むことで、改行を含む引数を渡すことが可能です。

print("""東京オリンピックは
2020年開催です。""")
% python olympic.py
東京オリンピックは
2020年開催です。

コメントについて

ソースコード内にコメントを付与することも可能です。コメントはPython実行時には無視されます。Pythonの場合は「#」以降から行末までがコメントとして認識されます。

#文字列を2行で表示させるコード

print("""東京オリンピックは
2020年開催です。""")

上記の場合、「文字列を2行で表示させる」というものがコメントになります。
複数行のコメントを書きたい場合は、「"""(3つ連続のダブルクォーテーション)」で囲むことで複数行のコメントとして扱うことができます。

"""文字列を2行で
表示させるコード"""

print("""東京オリンピックは
2020年開催です。""")

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: