Ciscoルータのコマンド操作(ヘルプ機能)

今回は、設定を行う上で便利な機能である「ヘルプ機能」や「補完機能」について解説していきます。よりミス無くスムーズにコマンド操作を行う上で知っておいて絶対に損はない機能です。

Ciscoルータのコマンド操作

CiscoルータはCLI上でコマンドを入力することで、情報を表示させたり、設定をしたりします。
そのため多くのコマンドが存在しています。全てのコマンドを覚えるのは大変です。

そのためCiscoルータには、「コマンドを覚えていなくても何とかなる」ように以下のような機能があります。

  • ヘルプ機能
  • コマンド補完機能

ここでは実際にコマンド操作を行いながら学んでいきましょう。

コマンド操作に入る前に…

実際にコマンド操作に入る前に、Ciscoルータでのコマンド操作の前提条件を書いておきます。

  • 入力するコマンドは大文字、小文字の区別はありません
  • ただし、明示的に設定するもの(ルータの名前やパスワードなど)には、大文字、小文字の区別があります
  • 入力するコマンドは、文字を省略することが可能
  • 例えば、「show running-config」というコマンドは、「sh run」と入力しても実行可能です

以上を理解した上で、コマンド操作に入りましょう。

ヘルプ機能

まずはコマンド操作の手助けとなる機能の1つ、ヘルプ機能について解説します。
ヘルプ機能とは、その名の通りそれぞれのコマンドの意味や現在のモードで使用できるコマンドを教えてくれる機能です。

では実際に見てみましょう。ヘルプ機能を使用するには、「?」を入力します。
例えば特権モードの状態で「?」を入力してみます。

	Router#?
	  <1-99>           Session number to resume
	  access-enable    Create a temporary Access-List entry
	  access-profile   Apply user-profile to interface
	  access-template  Create a temporary Access-List entry
	  alps             ALPS exec commands
	  archive          manage archive files
	
	~省略~
	
	  undebug          Disable debugging functions (see also 'debug')
	  upgrade          Upgrade software
	  verify           Verify a file
	  voice            Voice Commands
	  where            List active connections
	  write            Write running configuration to memory, network, or terminal
	  x28              Become an X.28 PAD
	  x3               Set X.3 parameters on PAD

特権モードで使用できるコマンド一覧とそのコマンドの説明が表示されます。
ではここで「show」と入力した後に「?」を入力してみると…

	Router#show ?
	  aaa                       Show AAA values
	  aal2                      Show commands for AAL2
	  access-expression         List access expression
	  access-lists              List access lists
	  accounting                Accounting data for active sessions
	  adjacency                 Adjacent nodes
	
	~省略~
	
	  vrrp                      VRRP information
	  vsp                       Voice Streaming Processing information
	  vtemplate                 Virtual Template interface information
	  whoami                    Info on current tty line
	  x25                       X.25 information
	  x29                       X.29 information
	  xsm                       Show information about XSM Device Manager

「show」のあとに使用できるコマンド一覧が表示されます。
「show interfaces」と入力した後に「?」を入力すると、

	Router#show interfaces ?
	  Async              Async interface
	  BVI                Bridge-Group Virtual Interface
	  CTunnel            CTunnel interface
	  Dialer             Dialer interface
	  FastEthernet       FastEthernet IEEE 802.3

	~省略~
	
	  rate-limit         Show interface rate-limit info
	  stats              Show interface packets & octets, in & out, by switching path
	  summary            Show interface summary
	  switching          Show interface switching
	  |                  Output modifiers
	  <cr>

「interfaces」のあとに実行できるコマンド一覧が表示されます。

<cr>とはリターンキーを意味しています。つまりこの後にコマンドを続けて入力しても良いし、ここでリターンキーを押下しても良いという意味になります。

さらに「show interfaces fastEthernet」と入力して「?」を入力してみます。

	Router#show interfaces fastEthernet ?
	  <0-8>  FastEthernet interface number

「fastEthernet」のあとに実行できるコマンド一覧が表示されます。

	Router#show interfaces fastEthernet 0 ?
	  accounting      Show interface accounting
	  counters        Show interface counters
	  crb             Show interface routing/bridging info
	  dampening       Show interface dampening info
	  description     Show interface description
	
	~省略~
	
	  switchport      Show interface switchport information
	  trunk           Show interface trunk information
	  users           Show interface users
	  |               Output modifiers
	  <cr>

さらにオプションを付与することもできますが、コマンド一覧に「<cr>」があります。「<cr>」は、キャリッジリターンの略で、ここでコマンド実行も可能なことを意味しています。
リターンキーを押下してコマンドを実行します。

	Router#show interfaces fastEthernet 0 
	FastEthernet0 is down, line protocol is down 
	  Hardware is Fast Ethernet, address is 588d.0962.ff76 (bia 588d.0962.ff76)
	  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit/sec, DLY 100 usec, 
	     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
	  Encapsulation ARPA, loopback not set
	  Keepalive set (10 sec)
	  Auto-duplex, Auto-speed
	  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
	  Last input never, output never, output hang never
	  Last clearing of "show interface" counters never
	  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
	  Queueing strategy: fifo
	  Output queue: 0/40 (size/max)
	  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
	  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
	     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
	     Received 0 broadcasts (0 multicasts)
	     0 runts, 0 giants, 0 throttles 
	     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
	     0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
	     0 input packets with dribble condition detected
	     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
	     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
	     0 unknown protocol drops
	     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
	     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 pause output
	     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
	Router#

このように、各コマンドの後に「?」を入力することで、使用できるコマンドを知ることができます。本当に基本的なコマンドさえ知っていれば、あとはヘルプ機能でどうにかなります。

Ciscoルータはコマンドを間違えたって壊れることはありません。実際にいろいろ実行してみて、どんな情報が表示されるのか見てみてください。

次回はコマンド補完機能について説明していきます。

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: